シズカゲル 口コミ

シズカゲルは使い方?シミ・ニキビにも効果的なオールインワン!

ネットやユーチューブでよく見る(?)シズカゲルとニベアを混ぜるという裏ワザ。ソレって怪しくないですか?

シズカゲル×ニベアの真相と、シズカゲルの正しい使い方おすすめの使い方をさっくりまとめて紹介します。

よろしければ参考にして下さい。

シズカゲルの口コミ・レビュー

シズカゲルの使い方|基本

頬に片手を当ててコチラを見る女性

シズカゲルの基本的な使い方

シズカゲルの基本的な使い方は、洗顔後のお肌に優しく馴染ませるだけの簡単スキンケア。

【シズカゲルの使い方】

❶ 清潔な手に適量のシズカゲルを取りだす

  • 基本は4cm/1回

❷ 手に馴染ませて優しく塗り広げる

両手をおでこと頬に当ててスキンケアする女性

  • 下から上へ。中心から外側へ、手のひらや指の腹を使って優しくマッサージするように塗り広げます。

❸ 軽くハンドプレスして仕上げる

頬に両手を当ててコチラを見るく女性

  • 顔全体に馴染んできたら、両手のひらで下から上へ優しく押し上げて5秒ほどプレスしていきます。

ちなみに、シズカゲル単体で保湿力不足を感じるときは、モロモロしてくるので重ね付けはおすすめしません

重ね付けより、導入美容液やシズカゲルの前に化粧水を利用する方がおすすめです。

シズカゲルの使い方|スペシャルケア

頬に手を当ててコチラを見るく女性を斜めから見た画像

シズカゲルはバランスのよいコスメですが、人によっては保湿力・肌馴染みがイマイチということも。

そんなイマイチな時や、お疲れモードが続いた時には、次のひと手間でシズカゲルが馴染みやすくなります。

毎日じゃなくてもよいので、1~4週間に1度くらいで良いので、ひと手間かけてあげるとお肌が喜びます。

ホットタオル

肌馴染みが渋いとき・お疲れモードが続いたときには、ホットタオルがおすすめです。

ホットタオルは、洗顔後、シズカゲルをつける前に顔を温めることで毛穴を開き、美容液の馴染みを良くしてくれるテクニック。

蒸しタオルを顔にあてる女性のイラスト

おすすめは、電子レンジを使う方法です。

熱すぎるとお肌が乾燥するので、気持ちよく触れる温度になってから顔に乗せるのがポイントです。

【ホットタオルの作り方とやり方】

  1. タオルを水で濡らして軽く絞る。
  2. 500Wの電子レンジで30秒から1分程度加熱する。
  3. 熱いうちは、タオルを顎の下に置いて、蒸気を顔に当てながら冷ます。
  4. タオルが熱すぎない温度になったら顔にのせる。
  5. 1~2分程度顔を温める。
  6. 顔の熱が冷めないうちに化粧水や美容液をつけ、じっくりとハンドプレスする。

導入美容液

シズカゲルのポテンシャルをワンランク上げたいなら、導入美容液を活用するのがおすすめです。両手をおでこと頬に当ててスキンケアする女性

導入美容液は、水・油のどちらへの親和性も高く粒子が細かいのが特徴で、先につけることで肌馴染みが格段に良くなります。

基本的に、導入美容液自体にも保湿力があるので、確実に1~2ランク上のコスメにグレードアップします。

ジーナ
ジーナ
ほんの数滴を手早く伸ばすだけなので、手間もほとんどない。

【 おすすめの導入美容液 】

話題のヒト幹細胞エキスを使った国産ブースター。

匂いなし・伸び良し・潤い良しで、どんなコスメとも喧嘩しない使いやすさが魅力。

縛り無しの初回3,278円(80%OFF)で購入できるから、お試し購入も気軽にできる♪

\3種のヒト幹細胞エキス配合で潤い力ブーストがパない♪/クロノセルの口コミ・レビュー

シズカゲルの使い方|シミ・美白

目を閉じた女性 葉っぱ 素肌 パック

シズカゲルのシミ対策

シズカゲルには、メラニンの生成を抑えシミそばかすを防ぐ有効成分:アルブチンをはじめ、アーティチョークなどのフルーツエキス、アスコルビン酸などを贅沢に配合。

シミ対策のスキンケアとしても優秀です。

そんなシズカゲルのシミ予防を万全にするのは、ほんのちょっとのもうひと手間

【シミ対策を高めるもうひと手間】
日焼け止めをしっかりやる。

スキンケアの働きかけは繊細で微力。反面、紫外線の力はとても大きいです。

日頃からスキンケアとは別にUV対策を行うのは、美白ケアには必須と言っても過言ではありません。

【おすすめのUV対策】

\UV対策には、なんだかんだ言って日焼け止めが最強/

\話題の飲む日焼け止めサプリメント インナーパラソル/

また、シズカゲルのシミ対策はあくまでも”予防”

肌を日焼けダメージから守ることで、少しずつ明るい肌印象を取り戻すのが目標です。

ターンオーバーを超えるスピードでシミに働きかけたいときは、ハイドロキノンなどの少し刺激強めのコスメも併用しないと難しいです。

\特典付き!ビーグレンのホワイトケアプログラム/

シズカゲルの使い方|ニキビ・肌荒れ

頬に両手を当ててコチラを見るく女性

ハンドプレス

ニキビ・肌荒れなど、ダメージをおったお肌のケアには、丁寧なハンドプレスが効果的です。

時間以外のコストは掛からないテクニックなので、ぜひ普段からやってみてください。

【ハンドプレスの基本的なやり方】

両手を頬にあてスキンケアする女性
  1. 化粧水適量を手・指に馴染ませ、指の腹・手のひらを肌に密着させる。
  2. 最低10秒はプレスしたまま静止する。
  3. じんわりとプレスした手を肌から離す。
  4. ❶~❸を、部位を変えて繰り返す。

ポイントは3つ。

◎肌を擦らないこと。

ハンドプレスは肌と手のひら指の腹密着させ、体温を使って染み込ませるだけのケア。擦らず甘やかしてあげるのがコツ。

◎力を加えないこと。

プレスに圧を加えたくなりますが、包むように触れている状態がベスト。

◎手を放すときはゆっくりと行うこと。

手早くやってしまうと肌を刺激してしまうことも。手に吸い付いた繊細なお肌が剥がれないようにイメージしながら、気持ちスローモーション優しく手を離すようするのがコツです。

ジーナ
ジーナ
基本的テクニックだけど、しっかりやると持ち仕上がりが違ってくるので、ぜひ試してみて。

シズカゲルの使い方|まとめ

シズカゲル TOP

シズカゲルは、洗顔後にコレひとつで済んじゃう簡単&手間無しが魅力。

普段はそれで良いのですが、肌がお疲れモードの時や数日おきにスペシャルケアを挟むと、お肌は安定的に整いやすくなります。

そんなおすすめケアは次の3つ。

  • ホットタオル
  • 導入美容液
  • ハンドプレス

逆に、おすすめしないのは重ね付け

シズカゲルはいわゆるオールイワンで、じゃっかんの被膜感はあります。

なので、重ね付けするとどうしてもモロモロしてくるんですよね。

あと、シミケア目的の方は日頃の日焼け止め対策もお忘れなく。

なんだかんだ言って、結局は小まめなUV対策が肌印象を大きく左右しますので。

ジーナ
ジーナ
美白ケアを意識しているなら、日焼け止めはマストだよ。

シズカゲルは刺激少なく使い勝手もよき。

ワタシのおすすめ上位に入る良コスメです♪


シズカゲル 3つのポイント

【シズカゲル の特徴】

  • 化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックをコレ1本。スキンケアの手間&コスメ費用を大幅カット
  • 肌荒れ・ニキビ予防の有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム 配合。
  • メラニンの生成を抑えシミそばかすを防ぐ有効成分 アルブチン をはじめ、美白*1をケアするエキスを豊富*2に配合。
  • 最安値で購入可能な定期便には縛りなし

*1:日焼けによるメラニンの生成を抑えシミそばかすを防ぐ

*2:アルニカエキス、カモミラエキス、アーティチョークエキス、オウゴンエキス、L-アスコルビン酸など。

シズカゲルの口コミ&レビュー

その他【ニキビケアのおすすめ&スキンケア化粧品 人気ランキング】はコチラ