脱毛器 おすすめ

家庭用脱毛器の光を見てしまった?直視の危険性と安全性は?

家庭用脱毛器を使ってると、どんなに気を付けててもときどき目に入るあの光…。

眉 目に強い光を受けて眩しそうな女性の目

目の端に入る分にはまぁいいとして、ときどきモロにみちゃうと結構長い事チカチカしちゃって心配になることも。

そんな、光が目に入ったときの危険性対処法安全機構についてまとめました。

脱毛器の光について興味・不安をお持ちの方、よろしければ参考にしてください。

家庭用脱毛器の光を直視したときのリスク

虹色の光があたった目の拡大画像

脱毛器の光の危険性について

脱毛中に漏れる光は眩しいですが、余程近くで直視しなければ深刻なダメージになることはほぼありません

また、直視しても20cm~30cm程度の距離があれば、光の力も大幅に減衰するので健康を害するようなダメージにはならないでしょう。

気を付けるのは近距離で直視してしまったケース。

残像現象や痛みを感じても、数分程度で消えるなら問題ありませんが、次のような状態が10分以上続くなら眼科を受診するのがおすすめです。

  • 光の残像が残ったまま消えない。
  • 痛みを感じる。
  • 光を眩しく感じる。
  • ものが見えにくい。

目の拡大画像

脱毛器の光はメラニンなどの濃い色に反応して熱エネルギーに変換します。

日本人のように濃い茶色の網膜にもよく反応するため、直視してしまうと深刻なダメージを負う危険性があります。

最悪の場合は、網膜が焼かれ失明の危険すらありますので、本当に注意が必要です。

家庭用脱毛器の光と機械の安全性

オーパスビュー 使い方 アイシクルモード 10秒冷却

家庭用脱毛器の安全性について

ほとんどの家庭用脱毛器には、危険な照射ができないようセーフティ機能がついているので安心です。

【家庭用脱毛器のセーフティ機能】

  • 肌密着センサー:照射面を肌に密着させたときだけ照射できる機能。

このセーフティ機能があるお陰で、指や顔の細かいところのケアでは肌が上手く密着できず手間取る場合も多々あります。

ですが、深刻なダメージを避けるための機能と思えば、致し方無しですね。

なお、セーフティ機能を唯一潜り抜ける可能性がある危険な照射は瞼へのケアです。

女性の長いまつ毛と目のアップ画像

目をつむっていても、密着照射された光パワーは瞼を通過するので、相当危険度が高い行為です。

ジーナ
ジーナ
瞼への照射はNG行為。眉毛のケアをするときは充分すぎるほど注意しよう。

家庭用脱毛器の光から目を保護する方法

人_目を目がねと指で保護する女性の画像

家庭用脱毛器の光から目を保護する方法について

脱毛器の光から目を簡単&確実に保護する方法は、シンプルに”アイプロテクターをつける”ことです。

脱毛器に付属しているような真っ黒サングラスの遮光率は高いですが、室内ではけっこう見にくいので、可能なら買ってしまった方が良いですね。

【アイプロテクター 選ぶポイント】

  • ブルーレンズ:ブルーレンズは、遮光性に加えて適度な視認性もあり、暗所でも見やすい。
  • 隙間の少なさ:脱毛器の光はいろんな角度から目に入ってくるので、隙間のないタイプを使うのが理想。

\おすすめのコスパの良い脱毛器用サングラス/

◎ペットや子供について

より目でこちらをのぞき込む、ブルーアイのねこ

ケア中は、いろんな角度で光が漏れる可能性があります。

通常、漏れる光程度では大きなトラブルにはなりませんが、小さいお子さんやペットは部屋から出しておくのがおすすめです。

そこそこ音もするので、ペットは近づかないことが多いですが、興味を示してやたら近寄ってくる子もいますので。

◎チャイルドロックについて

子供 母 ハグ ベッド 1

極稀に、機械にチャイルドロックを備えた脱毛器があります。

ほとんどの機械には、電源のON・OFF機能肌密着センサーがあるので誤作動することはまずないですが、不安な方はチャイルドロック機能付きの脱毛器を検討するのも良いです。

\チャイルドロック機能つき 家庭用脱毛器/

子供にも使える脱毛器でチャイルドロックも完備。

出力は家庭用ではトップレベル6.7J/㎠で、かなりの本格仕様

購入するなら、最安値&特典付き公式ストアからがおすすめです。

オーパスビューティーの口コミ&レビュー

家庭用脱毛器の光を見てしまった|まとめ

脱毛 ライトから照射

家庭用脱毛器の光は強烈ですが、近距離で直視しない限り大きなトラブルになることはありません

とはいえ、光を見たあと、以下のような症状が10分以上続くようなら眼科を受診した方が良いです。

聴診器を右手にもって腕組みをしている男性ドクターの画像

  • 光の残像が残ったまま消えない。
  • 痛みを感じる。
  • 光を眩しく感じる。
  • ものが見えにくい。

絶対にやってはいけないのが瞼への照射

眉 綺麗に整えられた女性の眉のアップ

ライトが眼球の黒い部分に反応して網膜を焼き、最悪は失明する可能性もあります。

漏れる光が眩しいと感じる場合は、専用のアイプロテクターを利用するのがおすすめです。

ちなみに、真っ黒サングラスは黒すぎて見えづらいですし、普通のサングラスは横からの侵入が激しくてどちらも使いにくいです。

そこそこ作業に慣れても、漏れ光はそれなりに眩しいので、ワタシはアイプロテクター利用派です。

ジーナ
ジーナ
普段から眩しいのは苦手。。

家庭用脱毛器は効果なし?  詳細はコチラ

脱毛器のおすすめ&【最新】ランキング はコチラ