プロアクティブ 口コミ

プロアクティブ 成分

ニキビ用のスキンケアとして根強い人気を誇る、プロアクティブ成分効果についてまとめました。

プロアクティブの商品画像出典:https://proactiv.jp/

「海外メーカーだし、なんとなく刺激強そう…!?」なイメージを持っている人も多いですが、日本で売られているのは東洋人の肌向けの仕様で、想像以上に低刺激な処方になっていますのでご安心くださいませ♪

成分に疑問不安をお持ちの方、よろしければ参考にしてください。

プロアクティブ 3つのポイント

プロアクティブの成分|毛穴とニキビへの効果

プロアクティブを使ってお肌をケアする女性のイメージ画像出典:https://proactiv.jp/

ニキビ用のスキンケア選びは、次の3つを満たしたものを選ぶのがポイントです。

【ニキビ肌用スキンケアを選ぶ3つのポイント】

  1. ニキビに効果的な有効成分を配合している。
  2. 補水成分保湿成分が充分に配合されている。
  3. お肌のバリア機能を高めるのに役立つ成分が配合されている。

人差し指を立てて笑顔でこちらを斜め下からのぞき込む女性の画像

プロアクティブのニキビ肌ケアに役立つ「有効成分」「その他成分」は次の通りです♪

有効成分の効果

プロアクティブに配合されている有効成分&アイテムは次の通り。

  【洗顔】
スキンスムージングクレンザー
【美容液】
ポアターゲティングトリートメント
【乳液】
スキンコンディションセラム
サリチル酸  
グリチルリチン酸2K  

ジーナ
ジーナ
プロアクティブでは、全アイテムに有効成分が配合されているんだよ。

グリチルリチン酸2K肌荒れなどを穏やかにする作用、サリチル酸は古い角質を取り除くケミカルピーリングの作用があり、どちらもニキビ薬によく使われる成分です。

【サリチル酸】の特徴はコチラ

サリチル酸は今でこそ簡単に合成できる化合物ですが、色んな植物が共通して生産する低分子化合物で、様々な食品にも含まれています。

\ヤナギ由来が最も有名/ヤナギの画像

昔は鎮痛・解熱剤として利用されていましたが、近年では、サリチル酸をマクロゴールという溶剤に溶かしたサリチル酸マクロゴールを、ニキビやニキビ痕を治療するケミカルピーリングに利用することが多いです。

【主な作用】

  • 角質軟化による角質剥離

外用なので副作用はほぼないと言われていますが、敏感な方だと痒みや炎症が起こることがあります。

【グリチルリチン酸2K】の特徴はコチラ

甘草(カンゾウ)というマメ科植物の根から抽出されるグリチルリチン酸にカリウムを結合した水溶性のグリチルリチン酸誘導体で、古くから薬用として用いられてきた成分です。

甘草のイラスト_wikipediaより出典:wikipedia

肌への刺激性もほとんどなく、ニキビ薬にも使われる有効成分です。

【主な作用】

  • 肌のバリア機能の改善
  • 抗炎症・抗瘙痒・抗アレルギー

ちなみに、グリチルリチン酸2Kの副作用としては、偽アルドステロン症が有名ですが、プロアクティブは内服するわけではないので、気にしなくても良いです。 

偽アルドステロン症について詳しくお知りになりたい方は、以下の厚労省サイトをご覧ください。

偽アルドステロン症について|厚労省サイト

その他成分の効果

プロアクティブには、ニキビ肌に有益な作用を持つ成分が豊富に配合されています。

◎スキンスムージングクレンザー(洗顔)

プロアクティブの洗顔フォームには、お肌の角質除去作用に加え、豊富な保湿成分と、抗炎症にもアプローチできる成分が含まれています。

ジーナ
ジーナ
汚れは良く落ちるのに、お肌がつっぱらない理由がコレだね。

成分 保湿 バリア 抗炎症 抗菌 角質除去 美白
ユキノシタエキス  
クワエキス    
オウゴンエキス      
リノール酸        
濃グリセリン        
グリコール酸          
BG          

◎ポアターゲティングトリートメント(美容液)

美容液にはニキビ肌に有効な成分が2つも配合されていることもあり、その他成分では保湿重視の処方になっています。

ジーナ
ジーナ
美肌に万能なスイカズラエキスもしっかり配合♪

成分 保湿 バリア 抗炎症 抗菌 美白
スイカズラエキス
濃グリセリン      
BG        

◎スキンコンディションセラム(乳液)

乳液は保湿+抗炎症重視の処方で、お肌の潤いをしっかり保護しながら、今あるニキビも落ち着かせる処方になっています。

ジーナ
ジーナ
仕上げの乳液に抗炎症エキスが複数配合されているのは嬉しい処方だね。

成分 保湿 バリア 抗炎症 抗菌 美白
レモンエキス        
オトギリソウエキス        
セージエキス      
トウキンセンカエキス        
ホップエキス      
ゴボウエキス        
濃グリセリン      
BG        

プロアクティブの成分|副作用

不機嫌そうに頬の吹き出物を抑える指と顔の画像

悪化するケース

プロアクティブは、スキンケアの中でも低刺激&肌荒れへの有効成分(グリチルリチン酸2K)を処方しているので、ニキビ肌が悪化することは少ないです。

成分にアルコールパラベンなども含まれているので、敏感肌・乾燥肌の方は気になるかもしれませんが、「実際に使ってみたら無添加化粧品よりも刺激を感じなかった!?」という声も多いです。

\デリケート肌・乾燥肌の方からの評価も高い!/

32歳/乾燥肌
32歳/乾燥肌
乾燥肌でヒリヒリするかと思ったんですが!乾燥も気にならずしっとりでした(*^^*)

ちなみに、スキンケアで刺激を感じるときは、アレルギーを除くと次の2点が原因で、実は添加物や化学薬品自体には問題がないことがほとんどです。

  1. 成分の配合バランスが合わなかった。
  2. 肌のバリア機能一時的に落ちている時に利用した。

むしろ多いのが 誤ったニキビケア で、乾燥を原因としたバリア機能の低下と皮脂の過剰分泌促進によってニキビを悪化させてしまうケースです。

ジーナ
ジーナ
洗顔後の美容液による補水・保湿と、乳液による保護はとっても大事なんだ。

とは言え、どれほど低刺激なスキンケアにもお肌の相性は存在しますので、以下のケースが発生する場合は、使用をやめて皮膚科へ相談されるのがおすすめです。

【スキンケアとの相性が悪いときの特徴】

  • 急激激しい刺激・痛みを伴う。
  • 30分以上状態が続く。
聴診器を右手にもって腕組みをしている男性ドクターの画像

プロアクティブの成分|洗顔・美容液・乳液の全成分

プロアクティブの基本3ステップセットの全成分は次の通りです。

スキンスムージングクレンザー(洗顔)の全成分

プロアクティブのスキン スムージング クレンザー のイメージ画像出典:https://proactiv.jp/

<有効成分>

サリチル酸


<その他成分>

ユキノシタエキス、ブドウエキス、クワエキス、オウゴンエキス、リノール酸、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、濃グリセリン、グリコール酸、BG、キサンタンガム、セタノール、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、シクロペンタシロキサン、セトステアリルアルコール、親油型ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG、ポリエチレン末、水酸化ナトリウム、香料、EDTA-2Na、水、クロルフェネシン、安息香酸、ソルビン酸、フェノキシエタノール


  • 内容量:60g

ポアターゲティングトリートメント(美容液)の全成分

プロアクティブのスキン ポアターゲティング トリートメント のイメージ画像出典:https://proactiv.jp/

<有効成分>

サリチル酸

グリチルリチン酸ジカリウム


<その他成分>

濃グリセリン、アロエ液汁、スイカズラエキス、ポリアクリル酸アミド、軽質イソパラフィン、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、セトステアリルアルコール、軽質流動イソパラフィン、オクテニルコハク酸コーンスターチAl、POEジオレイン酸メチルグルコシド、セタノール、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、シクロペンタシロキサン、水酸化ナトリウム、キサンタンガム、POEラウリルエーテル、シクロヘキサシロキサン、シクロジメチコン、BG、香料、水、ソルビン酸、クロルフェネシン、安息香酸、フェノキシエタノール


  • 内容量:30g

スキンコンディションセラム(乳液)の全成分

プロアクティブのスキン コンディショニングセラムの商品画像出典:https://proactiv.jp/

<有効成分>

グリチルリチン酸ジカリウム


<その他成分>

レモンエキス、オトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、加水分解黒豆エキス、ゴボウエキス、濃グリセリン、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、メチルポリシロキサン、高重合メチルポリシロキサン(1)、モノラウリン酸ポリグリセリル、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、BG、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、フィチン酸、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、水酸化ナトリウム、水、フェノキシエタノール、パラベン


  • 内容量:30g

プロアクティブの成分|薬用化粧品

プロアクティブの乳液を手の甲につけたイメージ画像出典:https://proactiv.jp/

薬用(医薬部外品)について

プロアクティブは薬用スキンケアなので、ニキビをできにくくする効果が、薬用と明記されていないスキンケアより期待できます。

薬用(医薬部外品)とは?

薬用とは、医薬部外品としての効果・効能に対して、医薬品医療機器等法に基づき承認を受けた有効な成分を配合された製品に付けることが認められた呼称で、有効成分が入っていないものには利用できません。

乾燥させた植物とフルーツの画像

ニキビのように、肌ダメージが大きくなりがちなお肌には、薬用、もしくは医薬部外品と明記されたスキンケアを使うのがおすすめです。

プロアクティブの成分|ノンコメドジェニック

緑の薬品の入った試験管と空の試験管

ノンコメドジェニックについて

プロアクティブはノンコメドジェニックテストをクリアしたスキンケアで、ニキビのできやすい方にも安心して利用できます。

【ノンコメドジェニックテストとは?】

化粧品には、にきびを悪化させたりコメド(白ニキビ・黒ニキビ)を出来やすくする可能性もあると言われています。

ノンコメドジェニックテストとは、特定の試験によってその製品がコメドを誘発しにくいかどうかを確認するテストです。

プレパラートに乗せた物質を電子顕微鏡で検査する様子

ノンコメドジェニックテストをクリアしたからといって、全ての方にコメドが出来ないとは言えませんが、予めニキビの発生リスクを減らせるので、スキンケア選びの指標にするのは最低限の選択と言えます。

プロアクティブの成分|まとめ

出典:https://proactiv.jp/

プロアクティブは、3つのアイテム全てに有効成分を配合した薬用スキンケアで、ニキビをできにくくする効果・お肌を穏やかにする効果が見込めます。

プロアクティブを使ってお肌をケアする女性のイメージ画像出典:https://proactiv.jp/

またノンコメドジェニックテストにもクリアした製品なので、ケアすることでニキビが増える可能性も低く、敏感肌・ニキビができやすい方にも安心して利用できます。

今なら、ブラシなどの特典付きでたっぷり1ヶ月分利用できる3ステップセットがお安く購入できるので、ぜひお見逃しなく♪

【プロアクティブを最もお得に購入したい方必見!】

プロアクティブをはじめて利用するなら、通常より2,000円もお得×60日間返金保証付きを、以下の公式サイトから購入するのがおすすめです。

\特典付きで効果も出やすい!特別価格での購入はコチラ/

プロアクティブの口コミ&レビューはコチラ

その他【ニキビケアのおすすめ&スキンケア化粧品 人気ランキング】はコチラ