脱毛器 おすすめ

脱毛器の冷やす効果と必要性とは!?保冷剤の使い方

家庭用脱毛器を使うときの冷やすタイミングや冷やす理由について紹介します。

いつ?どれくらい?そもそも必要…?など、疑問をお持ちの方、よろしければ参考にしてください。

脱毛器 冷やす効果

脱毛 使い方 アイシング

冷やす理由や効果について

脱毛器を使うときに施術エリアを冷やすのには、2つの理由があります。

  • 皮膚を冷やして痛覚を麻痺させる。
  • 毛根に集中した熱の拡散を防ぎ、皮膚の火傷を予防する。

特に“施術時に痛みを感じるとき”には効果が大きく、事前に10秒ほど冷やすと照射時の痛みを大きく減らすことができます。

時計を持つ手の画像

ただし、冷やしすぎても効果は上がらないのでほどほどに。

脱毛器 保冷剤の使い方

保冷剤

保冷剤の使い方

脱毛ケアのアイシングで利用するのは、 市販の保冷剤 を使うのが一般的。

特に 照射前のアイシングでは、冷やした箇所を間髪入れずに照射していく必要があるので、小さめの保冷剤をたくさん冷凍しておくのがポイントです。

※大きい保冷剤で冷やしても、すべて照射できないうちに冷却効果がなくなるので、冷やし無駄になることが多いです。

ジーナ
ジーナ
保冷剤自体もすぐに冷却効果がなくなるから、小さい保冷剤を小まめに変えながらケアした方が効率も良いよ。

保冷剤の使い方は次の通りです。

【保冷剤の使い方】

腕脱毛 イラスト

  1. 照射エリアに保冷剤をあてる照射時に痛みを感じるとき。
  2. 照射:保冷剤を外したら、間髪入れずに照射する。エリアをずらしながら可能な限り打ち込む。
  3. 照射済みエリアに保冷剤をあてる:照射時に強い痛みを感じたとき。
  4. エリアを変えて❶~❸を繰り返す。

ちなみに、照射時に激しい痛みを感じたときは、ぱっと見どうもなっていなくても毛穴周辺が火傷している可能性が高いです。

その時は即座痛みが引くまで冷やし、保湿ケアもしっかり目にやってください。

ジーナ
ジーナ
事後の処理が早いほど肌ダメージは少なくなり、回復も早まるよ。

脱毛器 冷やすときのポイント

人_脱毛でツルスベになった脚を手で確かめる女性の画像

脱毛器 冷やすときのタイミングや時間について

脱毛時に冷やすタイミングは、照射前照射後のどちらかです。

なお、アイシングは必ずしも実施する必要はありません

ジーナ
ジーナ
アイシングが必要なのは、基本的に“痛み”を感じるときだけでいい。


◎冷やさなくていいケース

照射しても痛みやほてりを感じないとき。

  • 肌ダメージもほとんどない状態なので、敢えて冷やす必要はありません。
  • 出力レベルを上げるときは、一段レベルを上げた方がよいです。

◎照射前に冷やすケース

照射するとしっかりめの痛みを感じるとき。

  • 平均的に“ゴムで弾かれた”程度の痛みがあるなら、少しの時間でも冷やした方が安心
  • かなり痛いときは10秒程度冷やすのがおすすめ。ちなみに、10秒以上冷やしても効果はそれほど高まらない

◎照射後に冷やすケース

照射時に強い痛みを感じたとき。

  • 照射した直後に強めの痛みやほてりを感じるときは、あとあと火傷になる可能性が高いので、しっかりめに冷やすのがおすすめ。
  • 照射後のアイシングは”痛み予防”ではなく、火傷に対しての“対症療法”
  • 痛み予防と違って、長め(30秒~)に冷やすほど良いです。

脱毛効果が出てきて、毛が細く・毛量も減ってくると痛みも少なくなります。

出力は変えなくても、回数を重ねるほどに痛みが小さくなるのが一般的で、アインシングも徐々に不要になるのが普通です。

ジーナ
ジーナ
脱毛効果がでてくるほど痛みは小さく&ケアは簡単に&ケア時間も短くなるよ。

脱毛器 冷やす+脱毛後のアフターケア

人_手のひらに乳液を出す様子

脱毛後のアフターケアについて

セルフ脱毛でとっても大事なのはケア後の保湿です。

保冷剤でアイシングしている場合は毛穴や肌へのダメージが確実にあるので、しっかり保湿しないと乾燥したり腫れなど症状がでる場合があります。

ケア後の保湿が充分だと、万一肌ダメージがあっても腫れシミなどになりにくく、速やかな回復を助けてくれます。

人_手の甲に取りだしたクリーム

なお、脱毛ケア時に痛みを感じない場合でも、照射すると肌には多少のダメージがありますので保湿は必須と思っておきましょう。

ジーナ
ジーナ
脱毛後の充分な保湿どんな人にも絶対大事

脱毛器 冷やす|まとめ

腕脱毛 イラスト

脱毛器を使うとき、必ずしも冷やしながらケアする必要はありません

冷やす必要があるのは、照射時に痛みを感じるときだけです。

タイミングは2パターンで、目的が異なります。

  • 照射前のアイシング照射時の痛みを緩和する。
  • 照射後のアイシング火傷のダメージを最小化する。火傷ダメージの痛みを緩和する。

脱毛ケアで使う保冷剤は市販の安価なもので充分ですが、小さめサイズの方が使い勝手がよくおすすめです。

保冷剤の冷却効果は比較的すぐになくなるので、ある程度のもあった方が良いですね。

個人的に、アイシングは パワーを上げて照射したいときの痛み緩和にかなり効果的で、10秒ほど事前に冷やすだけで、耐えられるレベルは2段階くらい上げられます。

ジーナ
ジーナ
効果を早めたいとき・激痛が走った時のアフターケアに、ぜひ積極的に活用してください。

脱毛器の使い方

脱毛器のおすすめ&【最新】ランキング はコチラ