クロノセル 口コミ

クロノセルに副作用はある?怖いor怪しい!?幹細胞美容液

クロノセルの大きな特徴は、“ヒト幹細胞エキス”を使ったヒト幹細胞コスメというところ。

ただ、「細胞」という言葉が含まれてるだけに、なんとなく安全性副作用への不安が独り歩きしがち。

そこで、クロノセルの安全性・ヒト幹細胞についてわかりやすく紹介していきます。

「ヒト幹細胞コスメって大丈夫かな…?」など、クロノセルの利用に不安を感じていた方、よろしければ参考にしてください。

クロノセルの口コミ&レビュー はコチラ

クロノセルの副作用|ヒト幹細胞の怖い・怪しい

細胞を電子顕微鏡で拡大した画像

ヒト幹細胞エキスの安全性について

クロノセルは ヒトの幹細胞エキス を使ってるので、なんとなく副作用拒絶反応が気になるトコロですよね?

でも、安心してください。結論は、次の通りです。

ヒト幹細胞エキスで、拒絶反応(生体移植による免疫反応)は起こらない。

理由としては、2点あります。


❶ヒト幹細胞エキスには 幹細胞そのもの は含まれていない

前提として、ヒト幹細胞エキスは「人の細胞を培養する時に用いる培養液から抽出されたエキス」のことで、人の細胞そのものではありません。

ヒト幹細胞エキスとは?

ヒト幹細胞エキスとは、幹細胞培養時に使った培養液から抽出された成分です。

幹細胞自体は医療や実験のために取り出されるので、培養液の中に幹細胞自体を取り残すことはありません。

\幹細胞エキスの抽出方法 図解/

幹細胞エキスは、幹細胞の培養後に残る成長因子や良質なたんぱく質を取りだしたもので、ヒトの幹細胞そのものを全て取り除いた培養液の上澄みが原料となります。

ヒト幹細胞エキスの生成と抽出 図解

【幹細胞エキスの作り方】

  1. 培養液に幹細胞を入れる。
  2. 培養済みの幹細胞を取りだす。
  3. 培養液に残った成長因子などを抽出する。

※培養した細胞そのものは、余すことなく研究機関で利用されます。

なお、培養終了後の培養液には、幹細胞の培養時に分泌された成長因子酵素コラーゲン、ヒアルロン酸などがたっぷり含まれていて、それらの有用成分のみを抽出したものヒト幹細胞エキスと呼ばれ、コスメなどに広く利用されています。

テーブルに置かれた 3種類のスキンケア化粧品

なんとなく(?)人の幹細胞そのものが入っているような印象をもちますが、幹細胞そのものは含まれていないため、俗にいう拒絶反応(生体移植による免疫反応)は起こりません。

ヒト幹細胞エキスには、人の細胞は含まれていない


❷エキスは安心の国内産

クロノセルは、日本の工場で厳密な管理の下に生産されるコスメなので、素材品質に一定の信頼を持てます。

クロノセル 国内製造PR画像

また、日本では、幹細胞の培養は厚生省が管理し、ドナーと細胞のスクリーニングには膨大な手間と手順が踏まれるので、国内生産された幹細胞コスメはむしろ信頼度が高い素材と言えます。

元々がアレルギーや副作用の起こり難い成分として注目されていた幹細胞ですが、近年のスクリーニングの発達よって素材そのものの安全性も格段に向上し、幹細胞エキス自体も高品質になっているのが現状です。

ジーナ
ジーナ
幹細胞コスメが高額な理由が、この徹底した安全管理ゆえなんだ。

クロノセルの副作用|ニキビ・肌荒れ

肌荒れした女性の左ほほの画像

ニキビや肌荒れへの影響

クロノセルに刺激性の添加物はほとんど入っておらず、しかも鉱物油フリー

ニキビを悪化させる要素らしいものは見当たりません

クロノセル 7つの無添加イメージ画像

また、ニキビケア向けコスメでも積極的に処方されているグリチルリチン酸ジカリウムアラントインなども配合。

むしろ、荒れたお肌やニキビにも使え、お肌を落ち着かせるのに役立つ処方になっています。

クロノセルの副作用|妊娠中

妊娠中のお母さんのおなかに耳を添える小さな女の子の画像

妊娠中の影響

クロノセルは、医薬部外品ではなく“化粧品”という扱いになり、強い薬効はありません。

また、刺激性添加物も少ない美容液なので、妊娠中だからといって一律で利用制限をする必要もない製品です。

ただし、妊娠中は身体が大きく変化するため、色んなトラブルが起こります。

【妊娠中の身体の変化】

  • ホルモンバランスの変化
  • 栄養バランスの変化
  • 浮腫み
  • 便秘

‥‥など。

様々な要因が重なってお肌も敏感になっているので、わずかな変化でも刺激になることがあるので、クロノセルに限らず注意が必要です。

よって、万一肌に異常を感じたときは、自分で安否を判断せずにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

ジーナ
ジーナ
クロノセルだから大丈夫とかダメとかはないので、妊娠中に異常を感じたら医師に相談するのが大前提カナ。

  • 基本は妊娠中でも使える“化粧品”扱い&低刺激処方なので敢えて利用を差し控える必要まではない。
  • ただし、妊娠中は身体がデリケートなので何が起きるか分からず、異常を感じたら医師に相談することが大事。

クロノセルの副作用|アトピー

大きな葉っぱ スキマから見える女性の目

アトピーへの影響

アトピー持ちの方が注意しておきたいのは、刺激性成分の有無です。

主に次の成分が処方されていると、症状を刺激する可能性があるので注意が必要です。

【アトピー持ちの方は避けた方がよい成分】

  • 防腐剤
  • 香料
  • 石油系界面活性剤
  • 着色料

なお、クロノセルには、上記 防腐剤(パラベン)・合成香料・着色料・鉱物油、石油系界面活性剤(旧指定成分)に加え、アルコール・鉱物油・シリコンなども無添加。

また、アトピーの大敵とも言える“乾燥”からお肌を守る、潤い補充肌荒れケアも備えた肌に嬉しい処方になっています。

実際、口コミを見ても 敏感肌・アトピーの方からのネガティブ評価はほぼなく、高評価がほとんどを占めるのも特徴です。

クロノセルの副作用|まとめ

クロノセル テーブルに置かれたクロノセルの画像

“細胞”というワードから、なんとなく拒絶反応を想像してしまいがちなクロノセル。

でも、実際には美容液の中に細胞は含まれておらず、細胞培養時に出来る潤い成分成長ファクターを素材にしているのがヒト幹細胞エキスコスメの実態です。

よって、ヒト幹細胞エキスによって、細胞間の拒絶反応が起こることはあり得ません

  • ヒト幹細胞エキスは、アレルギー・副反応が少ない成分として、もともと医療分野で注目されていた成分。
  • ヒト幹細胞エキスそのものは、刺激性が少ない成分として有名です。

また、クロノセルは刺激になりやすい7つの成分を無添加処方。

敏感肌アトピー肌の方にも使えます。

クロノセル 7つの無添加イメージ画像

元来、副反応やアレルギーの起こりにくいヒト幹細胞エキスをベースに7つの無添加で仕上げたクロノセルは、肌トラブルを起こしにくいコスメと言えます。

ジーナ
ジーナ
敏感肌・アトピー持ちの方にもおすすめ。


クロノセル 3つのポイント

【クロノセルの特徴】

  • ヒト幹細胞エキス3種*1を贅沢にブレンド。
  • ヒト由来(動物性)のエキスだから肌馴染がよい。
  • 3つのペプチド配合*2でお肌に潤いをプラス。
  • 安心の国内生産品。

*1:ヒト脂肪細胞順化培養液・ヒト繊維が細胞順化培養液・ヒト骨髄幹細胞順化培養液

*2:ヒトオリゴペプチド-1・ヒトオリゴペプチド-13・合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31

クロノセルの口コミ&レビュー

その他【ニキビケアのおすすめ&スキンケア化粧品 人気ランキング】はコチラ