ビーグレン

ビーグレンの危険性とは!?成分・効果と理由について

ビーグレンの成分危険性について解説します。

使ってみたい!とお考えの方、よろしければ参考にしてください。

ビーグレンの成分と危険性

ビーグレンのホワイトクリーム1.9を手に持つ女性の画像1

ビーグレンは肌刺激に配慮した処方もコンセプトになってて、敏感肌でも使えるのが特徴。

アイテム単体危険性を感じる処方はありませんが、成分単位で見ると気を付けたいものがいくつかあります。

【気を付けたい配合成分】

  • ハイドロキノン:要注意。
  • レチノール:徐々に慣らしていける。
  • アスコルビン酸:保湿+UVさえやっていればトラブルになりにくい。

ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノンは、 メラニン生成を抑制 する効果が高いことで知られる成分です。

\ハイドロキノン作用イメージ/ビーグレン ホワイトケア ハイドロキノンの効果の図解

ただし、成分が変質しやく量によっては副作用も出やすいため、含有量が多い(4~5%以上)場合は医師による処方が必要な成分です。

ちなみに、化粧品に処方できるのは 2%が上限 となっています。

◎主な作用

  • メラニンの生成を抑制する。

◎デメリット

  • 酸素や光で変質しやすい。
  • 含有量が増えると医師の処方が必要。

ビーグレンで最もハイドロキノンが含まれているのはQuSomeホワイトクリーム2.0です。ビーグレン ホワイトケア QuSomeホワイトクリーム1.9の商品イメージ画像

  • クリームに処方されているハイドロキノンは、市販上限最大濃度の2.0%
  • 市販品では最大濃度ですが、医薬品ほどの刺激性はなく敏感肌の方でも問題なく使えることも多い。

レチノールの危険性

レチノールはビタミンAの一種で、皮膚細胞の生成をサポートします。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどのたんぱく質生成を助ける作用もあり、肌のみずみずしさやハリのケアに有効です。

レチノールには、乾燥・赤み・皮むけといったレチノイド反応が出ることがあります。

◎主な作用

  • 細胞やたんぱく質の生成を助ける。

◎デメリット

  • レチノイド反応(乾燥・赤み・皮むけ)が出る可能性がある。

ビーグレンで最もレチノールが含まれているのはレチノAです。ビーグレン QuSomeレチノAの商品イメージ画像

  • 肌への影響はレチノイド反応があるかどうか…。反応しなければ敏感肌でも使えることが多い。
  • レチノイド反応は、促進された代謝機能で一時的に細胞が活性化した状態に近い症状。
  • 反応したとしても、量を減らす・時間を空けることで徐々に慣れさせることが可能。

アスコルビン酸の危険性

アスコルビン酸は、俗に言うビタミンCの事です。

輪切りにしたグレープフルーツの湯船につかる女性の画像

ビタミンCには、皮膚内の黒化メラニンを黒くなる前の成分に還元する働きがあります。

中でも、ビタミンCの純度が高いピュアビタミンCは、効き目が早く高い効果を発揮します。

ただ、ハイドロキノンと同様に大変壊れやすく吸収されにくい成分なので、安定吸収を高める特殊な処理が施されているものを選ぶのがポイントとなります。

◎主な作用

  • 沈着したメラニン色素を薄くする。

◎デメリット

  • 酸化しやすい。
  • に溶かすと活性を失う。
  • 皮膚に吸収されにくい。

似た名称と働きをする成分に ビタミンC誘導体 というものがありますが、アスコルビン酸(ビタミンC)とは別物で、作用するまでの時間や効果は少し弱まります。

【ビタミンC誘導体】

ビタミンC誘導体は、皮膚への透過性が良く、肌に吸収されてから酵素反応でビタミンCに変化する性質をもった成分です。

ビタミンCそのものの成分として保管しないため、成分は安定するものの、作用するまでの時間や効果はピュアビタミンCに劣ります。

ビーグレンで最もピュアビタミンCが含まれているのはCセラムです。

ビーグレン Cセラムの商品イメージ画像

  • ピュアビタミンCの反応は、成分による副反応というより促進された代謝による一時的な過剰反応に近い症状。
  • 反応したとて、量を減らす・時間を空けることで徐々に慣れさせることが可能。
  • 基本的には保湿+UVさえ充分にやっていればトラブルになる事は少ない。

防腐剤の危険性

ビーグレンには防腐剤がいくつか処方されています。

敏感肌さんの中には極度に防腐剤を嫌う方がいますが、副反応成分の組み合わせ配合量次第です。

防腐剤の種類によっては実績メリットもあるので、必ずしも避けた方が良いとは限りません

【ビーグレンに使われている防腐剤について】

  • 成分:パラベン・フェノキシエタノールなど。
  • 特徴:製品の劣化を防ぎ、製品の肌への安全性を高める。

ちなみに、パラベン・フェノキシエタノールは、どちらも人体への影響はとても小さいことで有名です。

ごく稀にアレルギー反応を起こすことから有害な添加物扱いされやすいですが、アレルギーがある方でも製品によっては反応しないこともあります。

ジーナ
ジーナ
防腐剤入ってても、アレルギーがおきないコトは多い。なので、気になったらとりあえずパッチテストしてみるのはおすすめだよ。

  • 防腐剤:製品の酸化劣化を防ぐ成分で、何かしら入ってた方が実は安全
  • パラベン:アレルギーのある人でも、配合量と組み合わせ次第で反応しないこともある。
  • フェノキシエタノール:アルコールと勘違いされがちですがアルコールではなく、自然界にも見られるグリコールエーテルの一種。肌刺激の少ない防腐剤。

ビーグレンと白斑の危険性

白斑 イメージ

ビーグレンンと白斑の危険性

白斑とは、何らかの原因でメラノサイトが喪失し、肌色が白くまだらになる症状です。

白斑 イメージ1

遺伝・カビ・抗体異常などが原因とされていますが、原因の分からない白斑もあります。

ときどき、ビーグレンなどの美白系スキンケアが原因ではないか?と疑われることがありますが、市販のスキンケア程度では滅多におきません

ジーナ
ジーナ
少なくとも、ビーグレンを使ったら「白斑になった!」というのは聞いたことがない

ちなみに、ビーグレンでメラノサイトに働きかけるアイテムと言えばハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム2.0

ビーグレン ホワイトケア ホワイトクリーム1.9の商品画像

ですが、それもしょせんは市販スキンケア。

ハイドロキノン濃度も低く、白斑を起こす可能性は限りなく低いです。

  • 市販スキンケアのハイドロキノン濃度は2.0%以下に規制されている。
  • 市販コスメは濃度が低いので、白斑が起きるほどの強い効果も見込めない

ビーグレンと肝斑の危険性

肝斑のイメージイラスト

ビーグレンンと肝斑の危険性

肝斑女性ホルモンの乱れが原因で起こる頬骨あたりのシミです。

物理刺激によって悪化する可能性はありますが、ビーグレンのスキンケアハイドロキノン肝斑にも使えます

ちなみに、肝斑はスキンケアよりもトラネキサム酸の内服が効きます。

ネットからでも処方してもらえるのでとても便利です。

肝斑とは?内服薬のネット注文とは?

肝斑のイメージイラスト
  • 特徴ほお骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称に発生する薄茶色のシミ。
  • 原因女性ホルモンの乱れが原因で、更年期にさしかかって女性ホルモンバランスが崩れがちな30代後半から50歳位の女性や妊娠中・ピルの使用によって発生しやすい。
  • 対策:トラネキサム酸などの内服で治療。
  • 注意:レーザーなどの外部刺激で症状が悪化する可能性がある。

【肝斑は内服薬で治療できる!】

肝斑は外用薬ではなく内服薬で治療するのが基本。

しかも、お薬処方は来院不要

webでカンタン&購入できるから、いつからでも治せる♪

\誰でもアンケートでクーポン貰える♪e-lifeのオンライン診療/e-lifeオンライン バナー1

 


ビーグレンの危険性 まとめ

人_そばかすメイクをした女性の画像

ビーグレン スキンケアの危険性はとても低いです。

敢えて危険性を挙げるとすれば、以下のアイテムを使うときにちょっぴり注意するくらいですね。

【気を付けたい配合成分】

  • QuSomeホワイトクリーム2.0:ハイドロキノン/合わない場合あり。
  • レチノA:レチノール/徐々に慣らしていける。
  • Cセラム:アスコルビン酸/保湿+UVケアで予防できる。

ハイドロキノンは肌相性が合わなければ使えませんが、それ以外のコスメは肌刺激を感じたとて危険レベルは低いです。

成分だけを見てアレルギーの心配をする方もいますが、反応がでるかどうかは組み合わせ次第。

気になる成分を見つけても簡単にはあきらめず、1回はパッチテストしてみるのがおすすめです。

ジーナ
ジーナ
「ビーグレンなら大丈夫だった!」というケースも結構あるからね。

\パッチテストにもおすすめ!たっぷり7日分を1,490円でお試しできる!/

ビーグレン ニキビ跡
ビーグレンはニキビ跡に効果あり!?実際は?b.glenビーグレン ニキビ後ケアプログラムの効果は、主に3つ。◎赤みや黒ずみの排出をサポート。◎肌を柔らかくして印象をマイルドに。◎潤いを補給して肌印象を明るくする。ニキビは、なった後のケアも大事ですが、ニキビやニキビ跡になることを予防するほうが格段に効率がいい。...詳細はコチラ。...
ビーグレン シミ
ビーグレンはシミに効果ある?ホワイトケアは悪い?ビーグレン ホワイトケアは、3つのアプローチでシミ・くすみケアを効率的にサポート。❶メラニンの生成を抑える。 ❷潤い補給&乾燥予防で肌を整える。❸メラニンの酸化還元をサポートする。中でも、カギとなるのがCセラムとホワイトクリーム2.0の高濃度ビタミンCとハイドロキノン。...悪い・詳細はコチラ...
ビーグレン 買ってはいけない
ビーグレンを買ってはいけない!?悪い理由や評判とは?結論から言うと、ビーグレンを買ってはいけない根拠も理由もない。むしろ、ラインナップも全体的に肌刺激に配慮したドクターズコスメで、副反応のリスクも低い。ただし気を付けた方が良いアイテムは3つ。Cセラム・レチノールA・QuSomeホワイトクリーム2.0。....悪い評判・詳細はコチラ。...
ビーグレン 危険性
ビーグレンの危険性とは!?成分・効果と理由についてビーグレンの危険性とは!?成分・効果と理由について解説。結論から言うと、ビーグレン スキンケアの危険性はとても低い。敢えて危険性を挙げるとすれば、QuSomeホワイトクリーム2.0:ハイドロキノン/合わない場合あり。/レチノA:レチノール/徐々に慣らしていける。/Cセラム:アスコルビン酸/保湿+UVケアで予防できる。くらい。....詳細はコチラ。...
ビーグレン 解約
ビーグレンの解約・退会・定期便 休止のやり方。b.glenビーグレン 定期コースの解約・休止・退会と期限についてまとめました。解約の注意点としては期日と手段が電話というトコロ。ただし、24時間対応なので、自分がミスしない限りは手続きが漏れることはない。再開も問題なく出来るし、すごく使いやすい。....詳細はコチラ。...
ビーグレン 店舗
ビーグレンに店舗あり。b.glenの取扱店・販売店は?長らくネット通販のみで展開してきたビーグレンも、全国の取扱店・店舗で購入できるように!?とはいえ、最安値は公式サイトのサブスク定期便かIBIMです。最大44.9%の割り引きありなので、お気に入りを見つけたら、サブスクに切り替えるのがおすすめ。キャンペーン・セール情報....詳細はコチラ。...